映画感想 : 『下妻物語』

 

『下妻物語』 監督 中島哲也 TBSオンデマンド(2004)

ロリータファッション命!のマイペース少女・桃子(深田恭子)は、田んぼだらけの茨城県・下妻から代官山まではるばる通っている。大好きなブランドの洋服を買いたい一心で、ついに某海外ブランドのバッタもんを売るというアブナイ商売に手を出すほどに。ある日、そのバッタもんを買いたいという少女が現れた。それが、特攻服&原チャリで爆走するヤンキー娘・イチゴ(土屋アンナ)。どう見ても住む世界が違う2人だが、桃子はイチゴのペースに次第に巻き込まれて・・・。 

本作は女子高生二人の青春・友情物語です。ほんとおもしろかった!!

全く別の世界を生きる二人がふとしたことから知り合い、惹かれあっていく。本作は女子高生二人の青春・友情物語です。

 

桃子とイチゴを筆頭に出てくる人物みんなが個性的。普通の人は出てきません。その上演出にはおふざけ感が満載です。全体的にバカバカしさを(意図的に)漂わせています。ですが、本筋である、桃子とイチゴの二人が互いに影響を与え合いながら、二人が変わっていく姿の描写はとても丁寧。一つ一つの演出が活きていて、おふざけが空回りしているところがありません。コミカルで、テンポがいい。笑えるし、切なくもなれるし、泣けるし、映画的爽快感も味わえる。最後までワクワクしながら楽しめました。ほんとおもしろかった。

 

お気に入りのシーンを一つ挙げるとしたら、桃子が一人でパチンコに行くシーンです。はじめはイチゴに無理矢理連れて行かれたパチンコに、桃子が手持ち無沙汰からつい一人で行ってしまう。桃子が知らず知らずのうちにイチゴ色に染まっているのを象徴するシーンです。私は思わず笑顔になりました。友達とのこんな化学反応しばらくしてないなあー うらやましくもあったり。

 

言うまでもありませんが、舞台は下妻です。ジャスコ(今はイオン)、国道125号線、牛久大仏、小貝川、どこまでも続いていそうな田んぼ道・・・ 映画に出てくる景色は見慣れたものばかり。私にとっては地元映画です。この映画の存在は知っていましたし、2004年製作ですからもう10年以上経っています。う〜〜、どうしてこんなおもしろい映画をこれまで観なかったのだろう...  軽く後悔しています...

 

大好きな映画が一つ増えました。