映画感想 : 『ビリギャル』

 

『ビリギャル』 監督 土井裕泰 (TBSオンデマンド 2015)

さやか(有村架純)は高校2年生。中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。対応した塾講師の坪田(伊藤淳史)もびっくりの彼女の知識は小4レベル。聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。それでも夢は大きく第1志望はチョー難関の慶應大学!(←ゼッタイ無理!)「さやかが慶應なんてチョーウケる~!」。こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった!夜も寝ないで頑張るさやかだが、偏差値70の慶應は甘くない。周囲からはののしられ、成績は伸びず、友達とも遊べない。それでも支えてくれる周囲の人たちのため、さやかは慶應合格に向け走り続ける。

学年ビリの女子高生が慶應合格。実話に基づいた映画です。

学年ビリの女子高生が慶應合格。本作は実話に基づいた映画です。

 

信頼が力をくれる、努力は報われる。そして、がんばっている人はかっこいい。本作はそんなメッセージを直球で視聴者に投げかけてきます。ほんと素直な直球です。

 

直球のキレをよくするための副作用としてか、登場人物が一面的に描かれすぎている嫌いがありますが、ギリギリ許容範囲。直球の重みを増すための副作用としてか、ベタベタ過ぎる演出もみられますが、それもギリギリ許容範囲。私は直球をそのまま受け止めました。面白かったです。視聴後前向きになっている自分がいました。

 

ところで、本作では主人公さやかの可能性を頭ごなしに否定する徹底した悪玉として、お父さんと学校の先生が描かれます。モデルとなった本人たちは本作を見てどう思うのでしょうか。少し心配になりましたw 

 

元気が欲しい人はこの映画を見て元気をもらってください!きっと元気になれますよ。