読書感想 : 『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学 』

プロ登山家の半生記

地球上には8000メートルを超える山が14座あり、それらすべての登頂を成し遂げた登山家は「14サミッター」呼ばれるようです。本書は、日本人初の14サミッターにして「プロ登山家」である著者が、生まれてからこれまでの登山人生を振り返り、雪崩に巻き込まれ二度も死の淵を彷徨った体験も含め、その軌跡を包み隠さずにあらわしたものです。

 

タイトルに「哲学」とありますが、「登山とは何か」といった問いについての考えをかしこまって述べるような堅苦しいところは全くありません。これまでの体験が具体的に描き進められます。本書を読んで伝わってくるのは、著者の登山についての”哲学的な考え”というよりは、著者の登山に対するどこまでも真摯な姿勢と山への愛です。

 

著者は登山の魅力を伝えることを目的に本書を書いたようです。ですが私は”登山”ではなく、”プロ登山家竹内洋岳”という人間の生き方に心打たれ、読後に清々しい気持ちになりました。

高所登山の過酷さが肉薄してきます。

本書のハイライトの一つは、著者が8000メートル級の山々に挑んでいるときの描写です。高所登山の過酷さが肉薄してきます。著者のストイックな人柄を反映した飾りのない無駄を削ぎ落とした文章が、著者が体験した状況の過酷さに説得力を与えているように思えました。

 

頂上は大忙し  エベレストの頂上にたどり着いた瞬間、「ついに地球の頂点に立った!」といった感動は、とくにありませんでした。エベレストに限らず、一四座の頂上というのは、非常に忙しいのです。  登頂の記録を残すために、山頂では写真を撮らなければなりません。カメラを出してシャッターを切る、たったそれだけのことですが、八〇〇〇メートル峰のてっぺんでは、たいへんな作業です。  立っていられないほどの強風が吹いていることも珍しくありません。その風に抗って頂上にへばりついて、指先が凍る寒さの中でミトンを外してカメラを取り出し、そこが頂上だとわかる構図を決めて、シャッターを押す。最近ではビデオを回すこともありますが、平地で操作するようにはいきません。酸素が少ない山頂では、体の動きが恐ろしく鈍くなります。エベレストのときは酸素ボンベを使っていましたが、それでも体力は相当消耗していますから、動きは緩慢になる。相対的に、時間の流れが速く感じられます。もう、ぶっ飛んで行くくらいの感覚で時間が過ぎていく。とても感慨にふけっているような余裕はない。

 

筑波山のような低い山でも、頂上にたどりつくとうれしいものです。そしてそこでお昼を食べたり、たくさん写真をとったり、場合によってはよい写真が撮れる場所に列を作ることもあります。登頂したら、頂上での時間を達成感を噛み締めながらゆっくりと満喫するものです。ところが高所登山では写真を撮るのも一苦労。登頂しても、感動もなければ余裕もないようです。エベレストなどの頂上の写真をテレビなどでみたことがありますが、あのなにげない写真の陰にはかなりの苦労があると知ってびっくりです。

 

写真一つとっても、私の知る登山とはまったくの別物です。これはほんの一例です。高所登山は、低地での生活、あるいは低所登山の常識が通用しないことだらけです。高所登山の実際のところ(=過酷さ)に興味がある方には本書をぜひ手にとって欲しいと思いました。